スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェロカクタス 真珠錦

RIMG31749.jpg Ferocactus recurvus f.variegata  フェロカクタス 真珠錦

赤刺、緑肌に斑の黄色が入り、三色が美しいフェロカクタス真珠の斑入り株です。
成長と共に赤い強刺が出てくると、さらに派手な色彩になってきます。


出品中の商品はこちら CORON CACTUSの珍しいサボテンや多肉植物はYahoo!オークション でもお買い求め頂けます。

ナバホア 飛鳥

RIMG31745.jpg Navajoa peeblesianus ナバホア 飛鳥
栽培が難しい為、難物と言われる北米種です。接ぎ木株ですので正木の姿には及びません。 
接ぎ木で栽培する事が一般的ですが実生苗も見かけます。
栽培法を研究し、苦労からの成功を楽しむという深い世界です。
昔はフェロカクタスの日の出丸が上手く育てれたら一人前と言われましたが、今では南米種が育てれたら一人前、北米種が育てれたら玄人と言った感じでしょうか?

RIMG31746.jpg Navajoa peeblesianus ナバホア 飛鳥

ギムノカリキウム モンストローサ

RIMG31743.jpg Gymnocalycium mihanovichii v.friedrichii ギムノカリキウム 緋牡丹モンストローサ
新しい品種が増えていく中、前々からの品種が世の中から消えていきます。
この緋牡丹のモンストローサは市場にあまり普及出来ずに、現在では姿を見かけなくなってきたサボテンです。
こんな面白いサボテンは絶やさずに繁殖、品種の保持をしたい所です。

RIMG31744.jpg Gymnocalycium anisitsii  ギムノカリキウム 翠晃冠モンストローサ
翠晃冠のモンストローサで翠晃石(翠光石)という和名があります。
古い品種ですが見る方によっては逆に新しいのでは無いでしょうか。 
使い方が違いますが温故知新です(^^)

ゲオヒントニア メキシカーナ 綴化

RIMG31333.jpg Geohintonia mexicana ゲオヒントニア メキシカーナ 綴化 ①
サボテンは実生から繁殖されると同種でも個体差が多く現れますので、特徴が全然違うタイプを集めるのも楽しいものです。
綴化のサボテンも元々は基本型の個体が成長点の変化で綴化になった株ですのでタイプがあります。

RIMG31332.jpg Geohintonia mexicana ゲオヒントニア メキシカーナ 綴化 ②
細かく巻いて成長するタイプでコンパクトな塊に出来上がります。

アズテキウム ヒントニー

RIMG31574.jpg Aztekium hintonii  アズテキウム ヒントニー
メキシコ山岳地の崖に張り付く原産地の画像や写真を見かけますが実際に見たらすごい光景でしょうね。
現在は治安が悪いそうなので国内で丁寧に一鉢ずつ植えられたヒントニーを観賞している方が良さそうです。

RIMG31573.jpg Aztekium hintonii  アズテキウム ヒントニー 斑入り
成長の遅いヒントニーの斑株を自根正木で大きく成長させようと思ったら至難です。接ぎ木での栽培が一般的です。無難とは言え、子を出しながら成長しますので美しい群生株に成長します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。